あにまんど速報

dアニメストア, hulu, Amazonプライムなど、VOD(ビデオオンデマンド)の配信動画でアニメ視聴してる人のための感想ブログです。

「魔法使いの嫁」3話感想 天秤は金も鉛も区別しない


【今期、VODで視聴中!】

VODでアニメ視聴する人のためのブログ「あにまんど」の管理人(@anime_VOD)です(`・ω・´)

2017年秋アニメ「魔法使いの嫁」の第3話を視聴したので感想を書いていこうと思います。 チセはドラゴンたちと出会うことで大切なものを1つ、取り戻しました。

ちなみに、「魔法使いの嫁」はdアニメストアやAmazonプライムで見逃し動画配信もありますよー!

第3話「The balance distinguishes not between gold and lead.」

第3話のサブタイトルの意味は「天秤は金も鉛も区別しない」です。調べてみると「人間は平等である」っていうことを表す慣用句みたいなものなんだそう。

そういえば、この世のあらゆるものは平等に死を迎える、というようなことを作中でドラゴンが言っていましたよね。

リンデルとドラゴンが登場

f:id:or_chard:20171111184238j:plain
リンデルとドラゴンたち (C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

チセはアイスランドにてドラゴンたちとふれあい、ドラゴンたちの死生観を知ったチセは「生きる」ことと「死ぬ」ことの意味を問い直していく…。

第3話は、大筋を見ていくとだいたいそんなお話でした。

また、リンデルが登場した回でもあります。第2話でチセを連れ去ったときはどんなヤバい人物なのかと思ったけれど、普通にいい人っぽい(

リンデルはドラゴンたちを人間の目から隠すための役割を果たしているらしい。そしてエリアスいわく「いたずら好き」ともw

ドラゴンの死生観

ドラゴンたちは、死んだら自然に「還る」んだそう。そういえばこのあたりの自然は、どことなくドラゴンの面影の残るものが見受けられます。

f:id:or_chard:20171111184301j:plain
ドラゴンの面影 (C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

そして本作において、ドラゴンは死を恐れていないんですよね。ネガティブに捕らえていない。むしろ雛たちに「すごーい!」って言われていたぐらい。

ネビンいわく「悔いないように生きられるだけ生きるから」なんだそう。

ネビン「私たちは訪れるそれが、この星の生き物全てに等しく与えられるものだと知っているんだ。生きることの苦痛も楽しさも、死ぬことの寂しさも悲しさも。」

ここでタイトル回収。

チセの死生観

まもなくネビンが死を迎えることを知ったチセは「悲しんでなんかいない」と言った。それは強がりでもありませんでした。

実際、ネビンの死に立ち会ったチセは「通りすがりに優しくしてもらっただけのような人だったし」とも言っていて、悲しんでいない様子だった。

f:id:or_chard:20171111184900j:plain
チセとネビン (C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

他方で「でもやっぱり、あの穏やかな還り方は、少し羨ましい」とも言っていた。

誰にでも死は平等に訪れる。だからこそ、ネビンのような悔いのない人生は羨ましい。 チセの言葉からは、そういう彼女の感情を見て取ることができますね。

チセの過去

どうやら、過去にチセは飛び降りて死のうとしたらしいんですよね。

チセは、ネビンのように穏やかに最期を迎えることができそうにない。それを察したネビンは「生きる者が、死者を羨むものじゃない」と言っていました。

f:id:or_chard:20171111184947j:plain
夢見るチセ (C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

でも、やっぱり穏やかな最期を迎えたネビンが羨ましいんだ…ということがわかります。

ここからは「読解」というより「推測」でしかないけれど、ネビンの死を通じて自らの「死」を予め考えた経験は、後々「スレイ・ベガの残酷な運命」に立ち向かうときに活かされてくると思うんです。

一見、何もおきなかった回に見えるかもしれないけれど、チセの内面では確実に変化があったと言えるでしょう。

夢の中、挿入歌

f:id:or_chard:20171111185029j:plain
空を飛ぶチセ (C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

夢のなかでネビンが空を飛んでいたシーン、挿入歌があったのがいいね。

実は、夢の中の場面から、エリアスとリンデルが話している場面に切り替わってからも、チセが目覚めるまでの間、ずっと同じ挿入歌が流れてるんですよ。

「同じ挿入歌を流し続けることで、場面が変わっても意味的な連続性をもたせることができる」

どっかのアニメのコメンタリーで、どっかの監督がそんな風に言ってたのを聞いたことがあるけど、この場面なんかはまさにその効果が出てるなって感じがしました。

ドラゴンの雛たち

f:id:or_chard:20171111185116j:plain
(C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

ドラゴンの雛の名前は「グイー」「ベアル」「ウーイル」らしい。

エリアスとリンデルの話が終わるまで、チセと遊んでましたねw

グイー「いまの人間って飛べるんでしょ〜?」 
チセ「それは骨格と筋肉を遺伝子レベルで改造しなきゃ、ちょーっと難しいかな(早口で)」

スレイ・ベガの魔力

  • リンデル「スレイベガの過ぎた魔力は、時に自身を傷つける」
  • リンデル「このまま思うに任せていれば、あの子の体は3年ともたないぞ」
  • リンデル「無事育てばいいのだがのー、あのスレイ・ベガ」

以上の証言から、スレイ・ベガはどうやらとてつもない魔力を有しているものの、使い方を誤れば自らへの負担が大きすぎることがわかります。

次回予告では「スレイ・ベガの残酷な運命を知ることになる」とも言っていました。

そろそろ「スレイ・ベガ」ってなんなの?ってことがわかってくるんじゃないでしょうか。

「魔法使いの嫁」は質アニメ

f:id:or_chard:20171111185145j:plain
(C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

「質の高いアニメ」の定義は人によって色々あるでしょう。あなたにとって「質の高いアニメ」とはどんなものでしょうか?

管理人的に、その1つの尺度は「大画面で、きれいな音響設備を整えて、背筋を伸ばして、このアニメを鑑賞したい」と思えるかどうかだと思っています*1

つまり映画館で見てみたいか?ってことね。みおわったあと「ああ…いい体験をした…」と余韻にひたれるような、そんなアニメ。

その点に限定して言うと「魔法使いの嫁」は良質なアニメだということができるんじゃないでしょうか!毎回劇場で1800円払って映画を見てもいいぐらいの心地よさがある。

絵もきれいだし、音楽もいいし、ストーリーも心に来るものがありそう(第3話時点なので断定はできないけど)。

いまのところ、2017年に見たアニメのなかで3本の指に入りそうな、いいアニメに出会えているんじゃないかと思っています!

次回の「魔法使いの嫁」は…

f:id:or_chard:20171111185249j:plain
あっ… (C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

教会からの依頼は全部で3つありました。その1つは今回で終わらせたので、残る依頼は2つです。

次回はそのうちの1つになりそうな感じですが、チセはそこで自らの秘密の一端を知ることになりそう…!!

「魔法使いの嫁」の動画配信情報

f:id:or_chard:20171111185324j:plain
ここ好き (C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

当ブログ「あにまんど速報」は、VOD(ビデオオンデマンド)でアニメを視聴する人のためのブログです。

管理人は、TVリアルタイム視聴、地上波録画を捨てて、ネット配信のVOD(ビデオオンデマンド)でアニメを視聴するスタイルにチェンジしました。

十分すぎるほどアニメを楽しめていますよ♪

「魔法使いの嫁」はAmazonプライムビデオdアニメストアhuluなどで配信中です!

そのほか、2017年秋アニメの配信情報もまとめています♪

ではまた~ノシ

*1:もう1つの尺度は「何度も見直したいと思えるかどうか」です。