あにまんど速報

dアニメストア, hulu, Amazonプライムなど、VOD(ビデオオンデマンド)の配信動画でアニメ視聴してる人のための感想ブログです。

「魔法使いの嫁」2話感想 今日という1日は、明日という日2つ分の価値がある。


【今期、VODで視聴中!】

VODでアニメ視聴する人のためのブログ「あにまんど」の管理人(@anime_VOD)です(`・ω・´)

2017年秋アニメ「魔法使いの嫁」の第2話を視聴したので感想を書いていこうと思います。 しっかりと作られたアニメでもありながら、肩肘張りすぎず見られる柔らかさもあるのがいいですね(^^♪

ちなみに、「魔法使いの嫁」は、dアニメストアやAmazonプライムで見逃し動画配信もありますよー!

第2話「One today is worth two tomorrows.」

ちなみに、「魔法使いの嫁」の感想記事のタイトルは、各回の英語タイトルを和訳したものにしようと思っていますw

第2話のサブタイトルの意味は「今日という1日は、明日という日2つ分の価値がある」です。つまり「今日を大事に生きよう」ってこと。

エリアス以外の人物も登場

f:id:or_chard:20171111161756j:plain
シルキーさん (C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

第1話で主にスポットが当たっていたのは、エリアスとチセでした。

第2話では、使用人のシルキー、魔法技師のアンジェリカ、神父のサイモンなどが主要人物として登場して、チセたちと交わることになりました。

「魔法使いの嫁」の登場人物まとめ

これらの人物たちと関わりを持ちながら、チセはイギリスで魔法使いの嫁(かつ、弟子)としての生活をはじめていく…というのが第2話のあらすじだったといえるでしょう。

硬軟おりわける心地よさ

公式PVから伝わってくる雰囲気や、アニメーション制作がWit Studioという時点でお察しのとおり、かなり本格的に作られているアニメだといえるでしょうね。

有り体に言ってしまえば「シリアス」なストーリーで進行していくことになる。主人公のチセは過去の経緯から心に深い闇を抱えています。

また、BGM、美術設定、作画、キャラクターデザインなどもかなり「凝った」ものになっている。第2話だとチセの魔法のシーンなどはかなり引き込まれますね。。

しかし、そんな「お硬い」部分があるにも関わらず、肩肘張りすぎず見られるのも、このアニメの魅力だなーと感じます。

こういうカットの直後に…

f:id:or_chard:20171111161828j:plain
(C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

次のカットではこうなりますw

f:id:or_chard:20171111162144j:plain
(C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

ふふっと笑えるシーンがときどきぶっこまれてくるからおもしろいww

アンジェリカ「いい?今回悪いのはあの骨!な~んも言わなかったクソ!」「弟子に何の説明もできない師匠なんて、ただのクソね!」

見えてこない嬉しさ

f:id:or_chard:20171111162204j:plain
アンニュイなチセ (C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

アンジェリカが言うように、エリアスは「スレイ・ベガ」についてチセに何の説明もしていません。

その割に、他の人には「彼女はスレイ・ベガだ」と言って回っている。反応を見ると「スレイ・ベガってなんかとんでもない人らしい」ってことはぼんやり見えてくる。

管理人のように、このアニメで初めて「魔法使いの嫁」に触れる人は「スレイ・ベガ」がなんなのか、第2話に入っても未だにわかりません。

初見勢からすると、チセ視点を共有できているんですよね。

登場人物やナレーションの力を借りて、やたらと説明をしたがるアニメが多いなかで、これは嬉しい作りだなと思います。「見えてこない嬉しさ」みたいなものがある。

チセの水晶細工

「見えてこない嬉しさ」のなかで、第2話ではチセの「スレイ・ベガ」としての能力の一端を見ることができました。

アンジェリカに「花を思い浮かべてごらん」といわれて、チセが作ったのは頭のなかに浮かんだ花畑の光景そのものでした。

水晶を1本の花へと変化させるのかと思いきや(それがアンジェリカの意図だったのでしょう)、小さな水晶からあれほどのものを現出させたチセの能力はすごいとしか言いようがない。

めっちゃキレイでしたね。。

f:id:or_chard:20171111162231j:plain
水晶細工 (C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

ある意味で、第2話で最も見どころのあるシーンだったかもしれません。

ところで、魔法と魔術の違いについて、アンジェリカはこう説明しています。

  • アンジェリカ「魔術師が使うのは、魔術って名の科学だ。この世の理を理解し、自分の持つ力でそれを組み替えたり書き換えたりして、結果をおこす。」
  • アンジェリカ「対して、あたしたち魔法使いが使う魔法ってやつは、妖精や精霊の力を借りて、その理に干渉しておこす奇跡のこと。」

チセのやろうとしていることは、明らかに「魔法」ですよね。

この世の理にのっかるのが魔術(だから科学)、理を曲げるのが魔法(だから奇跡)、だいたいそんな感じかな。

チセのトラウマ?

f:id:or_chard:20171111162253j:plain
(C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

チセには「他人に迷惑をかけてはいけない」という考えが強すぎるような気がします。

  • アンジェリカに「ココを汚してしまってごめんなさい」という誤り方をしたり
  • サイモンに対して「その面倒というのは、私がここにきたせいですか?」と聞いたり

なんか、こういうところに「過去が見え隠れするよなあ」と感じます。

教会と魔法使い

教会からやってきた「サイモン」という神父。

あのエリアスが「サイモンはただの腰抜けなんだ」「氏ね」と言ってのけるぐらいの仲の悪さww

シルキーもどうやらサイモンのことを好きではないようで。。

f:id:or_chard:20171111162317j:plain
シルキーとチセ (C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

しかしどうやら憎んでいるだとか、敵視しているだとか、そういうことでもない様子。

事情はよくわからないけれど、サイモンが「この人でなしに愛想が尽きたらいつでも教会に来るといい、相談にのるよ」とすら言っていた。

教会からしたら、魔法使いというのはなかなか扱いづらい存在なのでしょうが、「ブリテンは古い魔法の国、魔法使いは生活に根付いた大切な存在なのさ」とエリアスが言うように、敵対関係ではないと思います。

それに、エリアスがよく効く薬を教会にわたしたりもしていたからね。

エリアス(にんげんのすがた)

f:id:or_chard:20171111162335j:plain
誰だおまえwww (C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

エリアスの本来の姿はあの「骨」の姿なんだけど、さすがにそれで街中を出歩くわけにはいかないようで、人間の姿もちゃんと魔法で作られています。

エリアスの人間の姿、なかなかイケメンに設定されてて笑うwww

「ちゃんと触れた感覚もすり替わってるよ。かっこいい?凛々しい?」というエリアスのドヤ顔に対して、チセに「なんか…うさんくさい」って言われるエリアスしゃん…(´・ω・`)

ワイはイメケンやと思ったで(

次回の「魔法使いの嫁」は…

f:id:or_chard:20171111162407j:plain
このシーン好き (C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

教会からの依頼でアイスランドにやって来たチセとエリアス。

そこでドラゴンに突然連れ去られ…!?

どうなってしまうのかはわかりませんが、エリアスのことをよく知る人物がチセを連れ去ったようです。

「魔法使いの嫁」の動画配信情報

f:id:or_chard:20171111162445j:plain
(C)2017 ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

当ブログ「あにまんど速報」は、VOD(ビデオオンデマンド)でアニメを視聴する人のためのブログです。

管理人は、TVリアルタイム視聴、地上波録画を捨てて、ネット配信のVOD(ビデオオンデマンド)でアニメを視聴するスタイルにチェンジしました。

十分すぎるほどアニメを楽しめていますよ♪

「魔法使いの嫁」はAmazonプライムビデオdアニメストアhuluなどで配信中です!

そのほか、2017年秋アニメの配信情報もまとめています♪

ではまた~ノシ