あにまんど速報

dアニメストア, hulu, Amazonプライムなど、VOD(ビデオオンデマンド)の配信動画でアニメ視聴してる人のための感想ブログです。

「宝石の国」7話感想 低硬度から勇気をとったら何もない


【今期、VODで視聴中!】

VODでアニメ視聴する人のためのブログ「あにまんど」の管理人(@anime_VOD)です(`・ω・´)

2017年秋アニメ「宝石の国」の第7話を視聴したので感想を書いていこうと思います。 フォスフォフィライトが記憶をまたしても失うことになりました…。

再視聴したい場合、「宝石の国」はdアニメストアで見逃し動画配信もありますよー!

第7話「冬眠」

フォスの両腕が…

第4-5話で両脚を失い、その結果としてパワーアップを果たすことになったフォスフォフィライトさん。

今回はさらに両腕を失うことになってしまいました…。

たしかに「両腕が強ければ戦闘もしやすいだろうなあ」とは思っていたけれど、いざそうなってしまうと痛々しいです。。

f:id:or_chard:20171120004217j:plain
えっ… © 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

しかも考えなきゃいけないのは、両腕を喪失したことによって、フォスの記憶がさらに欠落してしまったということ。

第5話ではフォスがジェードの名前を覚えていないという事故があったけれど、あれと同じことがさらに起きてしまうことも考えられます。

「はいはい、フォスがまーたパワーアップしたのね」で済ませることはできないと思います。

記憶の半分以上が欠落することになったわけだから、仮に次回パワーアップしたとしても、能力の代償として自らのアイデンティティを喪失しかかっている状態にあるといえるでしょう。

アメシストさん、死んでなかった

第6話では、仲間の宝石たちがアメシストさんの砕かれた破片を回収しているシーンがありました。

たぶん大丈夫だとは信じていたけれど、アメシストさんは生きていましたね。本当によかった。

f:id:or_chard:20171120004325j:plain
この髪、好き © 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

あのときのダメージがトラウマになって戦えない、といったことにはなりませんでした。

アメシストさんも長く生きて月人たちと戦っているから、こういう事態にも慣れているのかな…。

宝石の国における「冬」

冬になると日照時間が短くなる(つまり、光が弱まってインクルージョンが活動できなくなる)ので、宝石たちは冬眠に入るんだそう。

f:id:or_chard:20171120004348j:plain
雪ドバー © 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

アニメの映像を見た感じだと雪もかなり積もってるんですよねえ。しかも流氷までやってきてるんだからすごい。

みんなが冬眠するとなると、気になるのは「月人に襲われたりしない?」ってことなんだけど、その心配はなさそう。

そもそも月人たちは晴れた日にしかやってこないらしく、仮にやってきたとしても金剛先生とアンタークチサイトで十分に迎撃できるんだそう。

アンタークチサイト

第7話では、アンタークチサイトさんが登場!

アンタークチサイトって、南極大陸でみつかったらしく、常温だと基本的に液体で、寒くなってくると固体になるんだそう。

常温で液体の鉱物というとイメージ的には水(氷)みたいなもんでしょうか。

ともかく、宝石たちは冬眠するんだけど、アンタークチサイトさんはその冬専門のお留守番役…ということですね。

そして、アンタークチサイトは金剛先生ラブ勢だったw

f:id:or_chard:20171120004408j:plain
あら^〜 © 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

「例年の…よろしいでしょうか」と、顔を赤らめながら金剛先生に愛でてもらっていたの、かわいさあったなあ(^^)

とはいえ、硬度はフォスよりも低い3でありながら、重たい剣をぶんまわして流氷を砕くだけの豪腕っぷり。セリフだってなかなか男前なこと言ってます。

フォス「できることしかできないよ」 
アンターク「できることしかやらないからだ」 
フォス「できることなら精一杯やるよ」 
アンターク「できることしかできないままだな」 

ちなみにフォスはこの冬、あまりの悔しさに冬眠できるような精神状態じゃなかったようで…。この冬はアンタークと一緒にすごすことになりそうです。

シンシャへの複雑なキモチ

実はフォスとアンターク以外に、もう1人冬眠していない宝石がいました。それがシンシャです。

そして、フォスはシンシャへの複雑なキモチを抱えている。これはこの冬何か起こりそうな予感がしますね。。

フォスは、シンシャのことが気になるみたいなんだけど、彼にベタベタひっついていくというアプローチをとってはいない。

むしろ無力な自分を恥じて、なかなかシンシャの前に現れることができないでいる。

f:id:or_chard:20171120004428j:plain
ひとりぼっちのシンシャ © 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

フォスって普段あれだけ生意気でチャラけた態度をしているのに、シンシャのこととなると、とつぜん乙女のような心が垣間見えるのが微笑ましいっすねw

†罪深き流氷†

冬になるとやってくるものの1つが流氷です。

フォスは流氷とも会話することができるようで、なんで喋れるのだろう…と思ったけど普通に氷も固体だからなのかもしれません。

流氷って、金剛先生が言うには「罪深きもの」らしい。 † ギルティ流氷 †(そうじゃない

いわく、流氷は「意思を持っているわけではない」「見るものの不安を反射して増幅させる作用がある」とのこと。

たしかにその直前でアンタークチサイトに「脚力ほどの腕力があれば…と願わずにはいられません」とは言われていたけれど、本当に自分の手を切断するの!?と驚きました。

f:id:or_chard:20171120004453j:plain
この誘惑はやばい… © 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

このシーンはフォスフォフィライトの抱える心の闇が垣間見えた瞬間でもありましたね(´・ω・`)

「アレキさん」じゃなくて「アレキちゃん」

アレキサンドライトが久々の登場。

「アレキサンドライト」という名前だから「アレキさん」って呼ばれてるだけでもけっこうおもしろかったのに、本人は「アレキちゃん」って呼ばせようとしていたんだからなおさらおもしろいw

f:id:or_chard:20171120004510j:plain
アレキちゃん! © 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

「サファイアが刃の表面だった」など、月人に関する情報をたくさん集めることに一生懸命になっていた。

知的好奇心の塊みたいな宝石なのかな?アレキサンドライトは他の宝石に「月人マニア」とかよばれていましたw

そして、演者がくぎみーってだけでもうこの子がイチオシです(

次回の「宝石の国」は…

次回のサブタイは「アンタークチサイト」。久しぶりにサブタイトルに宝石の名前がでてきましたね!

なんか次回予告見てたらめっちゃ月人に攻め込まれてるっぽいんですが…大丈夫なんですかね、あれΣ(゚Д゚)

ともかく、両腕を失ったフォスフォフィライトが、どうなってしまうのかが一番気になるところです。

「宝石の国」の動画配信情報

f:id:or_chard:20171120004557j:plain
金剛先生の顔ドラムw © 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

当ブログ「あにまんど速報」は、VOD(ビデオオンデマンド)でアニメを視聴する人のためのブログです。

管理人は、TVリアルタイム視聴、地上波録画を捨てて、ネット配信のVOD(ビデオオンデマンド)でアニメを視聴するスタイルにチェンジしました。

十分すぎるほどアニメを楽しめていますよ♪

「宝石の国」はdアニメストア (400円/月)、hulu (933円/月) でWeb最速配信中です!詳細は以下の記事にて。

そのほか「宝石の国」のきれいなアイキャッチも1つの記事にまとめています。よければお楽しみくださいませ(゚∀゚)

f:id:or_chard:20171120004201j:plain
第7話のアイキャッチ © 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

ではまた~ノシ