あにまんど速報

dアニメストア, hulu, Amazonプライムなど、VOD(ビデオオンデマンド)の配信動画でアニメ視聴してる人のための感想ブログです。

「Infini-T Force」8話感想 俺たちなら諦めない!!


【今期、VODで視聴中!】

VODでアニメ視聴する人のためのブログ「あにまんど」の管理人(@anime_VOD)です(`・ω・´)

2017年秋アニメ「Infini-T Force」の第8話を視聴したので感想を書いていこうと思います。 界堂笑の選択とジレンマ、彼女はひとまず逃避することを選びましたね。

ちなみに、「Infini-T Force」はHuluで地上波よりも早く1週間先行 動画配信中ですよー!

第8話「INNER FRUSTRATION」

第8話のサブタイトルは「心の中の不満」ぐらいの意味かな。内的不満、鬱屈。だいたいそんな感じ。

健は「界堂(Z)のやっていることは笑を苦しめている」と言っていた。

武士と鉄也は、遊んで帰ってきた笑に対して「全然楽しそうじゃない」と言っていた。

カラオケに行って、クレープ食べて、グダグダしゃべって、ボーリングして。表向きは楽しそうでも、裏では密かに不満が溜まっている…ということなのでしょう。

親のエゴ

Z(界堂一道)は、笑が死んだことも悲しかったかもしれないけれど、自分が笑を守ってやれなかったことのほうが、悲しかったんだろうと思います。

だから自己充足のために世界を壊して笑を延命させ続けている…と考えることができます。つまり有り体に言って「親のエゴ」ってやつ。

そして、そんな親のエゴを「守りたいのは笑じゃない、自分の心だ」と看破した健はさすがだと思った。

f:id:or_chard:20171117010757p:plain
©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

「笑を苦しめている」と健が言ったのは、Zの行動が笑に対して「世界を滅ぼすか、自分が死ぬか」という選択を強いているから。

それは笑という18歳の少女がくだすにはあまりにも重すぎる決断だと思う。

考えてみてほしいんだけど「自分が生きるかわりに、大勢の人が死んでいる」という状況に、もし自分がおかれたら、あなたはどうする?って話。

悪役感のなさ

Zってあんまり悪役っぽくないんですよね。

彼は別に悪意を持ってるわけじゃなくて、その反対。彼は大まじめなんですよ。だからこそ苦悩する敵のボスの姿を見ることができる。

昔のアニメによくあったような「悪いことをしてやるぜウッヒッヒ」って感じじゃない。ロケット団じゃなくてエーテル財団(伝わらない

だがそれがいい。「悪役」像がきわめて現代っぽいよね。テイルズみたいな感じ。

f:id:or_chard:20171117010821p:plain
©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

でも<ケース>を持ったZはラスボス感ありました。やっぱりめっちゃ強い。ガッチャマンじゃ手も足も出てない。

ヒーローとは

「笑も死なせないし、世界も壊させない」と、両取りを模索するのがタツノコヒーロー。

f:id:or_chard:20171117010729p:plain
©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

「笑みを死なせないかわりに、世界を壊す」というスタンスの界堂一道とは一線を画します。

「大切なもののためには犠牲が出るのもやむを得ない」「何が正しいかなんてわからない」という作風が多い昨今において、これだけストレートな作品ってちょっと珍しいです。

思い浮かぶのは「禁書」の上条さんぐらいw

「あんたには無理かもしれない。だが俺たちならできる!」ではなくて「あんたたちには無理かもしれない。だが俺たちなら諦めない!」と言ったのが健らしくていいなって思います。

ヘタをすれば「青臭い」「稚拙」と言われかねないけれど、やっぱり大事なのは「諦めないこと」なのだと、この作品を通じて教えてほしいな…なんて思います。

笑うようになった界堂笑

第1話の時点から「笑わない」のが界堂笑という女の子の特徴だった。

でも、もうそれは過去の話。消えたはずのマリアからの「家でパーティする?」という誘いにも当然のように乗っていた。

f:id:or_chard:20171117010852p:plain
場所はもちろんー?笑んちでしょー!! ©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

思い出してほしいんだけど、第1話では同じシチュエーションで誘いを断ってたんですよね。そこに心境の変化が見られる。

マリアが戻ってきたことにも安堵したんだろうと思います。

笑の掌返し

反面、せっかく「いい感じ」だった笑とヒーローたちとの関係は、一気に悪化。

4人は、家からも追い出されるハメになっちゃいました。

f:id:or_chard:20171117010912p:plain
探偵事務所に身を寄せる4人 ©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

少なくとも今は、父に傾倒してるから仕方ないとは思う。

ヤローども4人で狭い探偵事務所に身を寄せるってのも、それはそれでいい展開じゃないかな。泥臭くてw

鉄也、カラオケ

今回一番笑ったシーンはここでした。鉄也と武士は笑を尾行するんですよね。

で、笑のカラオケについていって、鉄也までカラオケwwwwww

f:id:or_chard:20171117010929p:plain
何歌ってるのか気になる ©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

仲良くクレープ食べてたり、そこまで尾行せんでええねん!!ってツッコミ入れたくなるおもしろさでした(

ベル・リンの本気

f:id:or_chard:20171117010951p:plain
©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

なんやこいつ、でっか!!!

「本気出しちゃう」って言ってたけど、思ったより本気だった。巨大化した悪役に立ち向かう戦隊ヒーロー4人組…みたいになってましたねw

そして、このあとはラジャ・カーンとベル・リンのバトルになるのかも…!?

彼女の狙いは「最強の遺伝子」だけど、それがよくわからないんですよね。。

「最強の遺伝子」と「Zが世界を滅ぼすこと」が、どう繋がるのかはまだ見えてこない。

次回の「Infini-T Force」は…

f:id:or_chard:20171117011009p:plain
ボーリングが下手くそな武士 ©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

「自分の人生を生きろ」とラジャ・カーンに言われた笑。そして彼女自身もその言葉に対する答えを自ら探っていこうとする姿勢が見られます。

いまはまだ「嫌われていた親に、実は愛されていた」という事実を知った衝撃から、親のしていることを受け入れているけれど、それもいつまで続くのか…?

今後、どこかのタイミングで、彼女は親の庇護下から離れることになっていくのでしょう。

  • 「親に捨てられた」←最初の界堂笑ちゃん
  • 「実は、親に愛されていた」←いまここ!
  • 「でもやっぱり親のしていることを肯定できない」←最終的にここまでいきそう

「Infini-T Force」の動画配信情報

f:id:or_chard:20171117011039p:plain
クレープ食ってる武士と鉄也 ©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

当ブログ「あにまんど速報」は、VOD(ビデオオンデマンド)でアニメを視聴する人のためのブログです。

管理人は、TVリアルタイム視聴、地上波録画を捨てて、ネット配信のVOD(ビデオオンデマンド)でアニメを視聴するスタイルにチェンジしました。

十分すぎるほどアニメを楽しめていますよ♪

「Infini-T Force」は、地上波よりも早くhuluで1週間先行配信中です!詳細は以下の記事にて。

そのほか、2017年秋アニメの配信情報もまとめています♪

ではまた~ノシ