あにまんど速報|アニメをオンデマンドで見る人のためのブログ

dアニメストア, hulu, Amazonプライムなど、VOD(ビデオオンデマンド)の配信動画でアニメ視聴してる人のための感想ブログです。

『エロマンガ先生』2話感想 TrySailのEDいい感じじゃないの!

VODでアニメ視聴する人のためのブログ「あにまんど」管理人(@anime_VOD)です(`・ω・´)

『エロマンガ先生』アニメの第2話の感想記事です(≧∇≦)/ 今回は「神野めぐみ」「山田エルフ」が新たに登場しましたね。

※ちなみに『エロマンガ先生』アニメの動画は見逃し配信もあるみたいですよ~。

第2話「リア充委員長と不敵な妖精」

f:id:or_chard:20170426003330p:plain
©2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

和泉家を前触れなく訪れた、紗霧のクラスの委員長・神野めぐみ。彼女の目的は「紗霧を学校に連れていく」ことだった。意気込むめぐみの強引さと、話をする気も無いという紗霧の頑とした態度。両者に挟まれ困惑する正宗だったが、紗霧はどんな娘か?というめぐみの問いに対して、本人が聞いているとも知らずにその思いの丈を語りはじめる――。

神野めぐみという「異物」

突然やってきた神野めぐみという女の子。どうやら紗霧の学校の同級生らしい。紗霧を学校に行かせるためにやってきたのだという。めっちゃおせっかいw

「めぐみん」と呼ばせてみたり、「お兄さんとも仲良くなりたいなあ」と言ってみたり、ずいぶんとあざといです。

極めつけに「おち○ち○」って2回も連呼したり…だいぶやばいやつがきた。

f:id:or_chard:20170426003344p:plain
©2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

そんなめぐみが正宗の趣味を知ると「実は私もオタクで~」とか言い出した。漫画とかめっちゃ読んでるらしい。

「どうせワンピースだろ」って心のなかで思ってたら本当に「ワンピとか」って言い出しててめっちゃワロタwwww

めぐみは、引きこもりを家から連れ出そうとする「おせっかいさん」「迷惑野郎」だよね。「ネットを今すぐ解約しろ」って言ってたりする。

あやせや桐乃の父が「オタクの敵」として描かれていたように、めぐみは「引きこもりの敵」として、やや誇張されて描かれていたように見えます。

現代の日本における引きこもりに対する偏見を、思いっきりバイアスかけてキャラクターにするとこんな感じなんだろうなあって感じ。

めぐみと紗霧は対の関係

そもそも紗霧と「友だちになるため」に和泉家にやってきためぐみ。…どう考えても嘘だろww

正反対の人間であるがゆえに、紗霧はめぐみを拒絶してた。バタバタする紗霧かわいいw

f:id:or_chard:20170426003033p:plain
©2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

「中学校入学してすぐ学年全員と友だちになった」と誇らしげなめぐみ。だから同じ中学校の紗霧とも友だちになろうとしてやってきたんだという。

交友関係が広すぎる人って、自分のよき理解者がいてくれなくて苦しい…みたいな闇を結構抱えてたりするよね。

ハグレものにされたくない一心で、素の自分を殺してまでみんなと「友達」でいようとする。学校でのめぐみを見たことがないけど、たぶんそんな感じなんだろうなーと思う。

その点、紗霧は交友関係が狭すぎるけれど、兄の正宗や自分の生放送を見てくれる人などが「自分の理解者」でいてくれる。自分を承認してくれる存在がある。

お互いに、お互いが持っていないものを持ってるんだなって思いました。

山田エルフという存在を知る正宗

正宗がラノベ作家である、ということを知っている人が学校にもいたんですね。それが智恵。

智恵は実家の「たかさご書店」の看板娘。本人はなかなかのラノベ好きらしく「ともえのオススメ」コーナーまであったりした。

「読者の琴線に触れる」作品しか置かないようで、「友人のよしみ」すら認めてもらえない。

正宗が自分の本に「サイン書く!」って言い出したら、智恵が「やめてよね、返本できなくなるから」ってバッサリwwwいいキャラしてるわww

ちなみに『エロマンガ先生』原作は電撃文庫からでていて、アスキーが制作にもかんでいるからか、実際に発売されているラノベが普通に登場してるってのも見どころかもね。

『ソードアート・オンライン』『はたらく魔王さま!』『とらドラ!』『魔法科高校の劣等生』なんかを見かけることができました。

f:id:or_chard:20170426003156p:plain
©2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

作中では「山田エルフ」って人がどうやら売れっ子の作家なんだそうで。

山田エルフ先生がアスキーにやってきた

編集の神楽坂さんに呼ばれてアスキーにやってきた正宗。なんか金髪の少女がいました。それがまさに山田エルフ先生だった。

目的は、自分の書いたラノベのイラストをエロマンガ先生に担当してもらいたい…とのこと。

f:id:or_chard:20170426003128p:plain
©2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

そしてそれをあしらう神楽坂さんが今回最大の見所だったかもしれないw

  • エルフ「何その態度!?オリコン1位の私を誰だと思ってるのよ!」
  • 神楽坂「プッw まぐれで売れただけの人だと思ってますが、何か?
  • 神楽坂「文才って…山田先生の書く小説、文章ひどいってよくまとめサイトとかで叩かれてるじゃないですか。」

「まとめサイトでよく叩かれている」ってめっちゃ現代的やな。あと、他にもこんなことがありましたね。

  • エルフ「私こそがラノベ界の救世主!否、私がライトノベルよ!」
  • 神楽坂「はいはい、ライトノベルちゃん。また今度ねw」

「Twitterで私のかわいい下僕たちに言いつけてやるんだから!」と負け惜しみも忘れない山田エルフ先生がかわいいww

TrySailのEDを踊る紗霧がかわいい♪

アバンで「妹の下着を洗っている」と心のなかで密かに誇らしげだった正宗くん。

実はAパートで紗霧が聞いているとも知らず、めぐみに対して正宗が紗霧について本音を語るシーンがあった。

そのときに、紗霧の中で何かしら心境の変化があったようで「これからは自分の下着は自分で洗うから。兄さんは触らないで。」と突き放されました。

その流れでEDに突入するんだけど、そのEDは紗霧が洗濯してる映像だったのがめっちゃ笑ったwwwwその流れは卑怯だろwwwww

f:id:or_chard:20170426003254p:plain
©2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

どう考えても自分の下着を洗っている紗霧ちゃん。

それにしてもEDの「adrenaline!!!」いいですね。紗霧ちゃんもノリノリだった。かわいい。

『エロマンガ先生』は、dアニメストアがweb最速配信[ad]

f:id:or_chard:20170426003102p:plain
©2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

調べてみると、『エロマンガ先生』の再視聴や見逃し配信はdアニメストアが最速だった。

その他VODの配信状況なども以下にまとめてみたんだけど、ニコニコ動画, hulu, U-NEXTなどでも配信されてるっぽい。

あにまんど管理人がアニメのために現在登録しているのは以下の3つです。大抵のアニメはこれでカバーできる。

終わりだよ~(自重しろ